09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

いろいろじゃが☆

2009.10.31 (Sat)

さなっちです。

ベジタブル&フルーツマイスター協会の プレミア会員の 野菜ソムリエ便
食べ比べしなくちゃ

じゃがいもいろいろで作ったものは・・・。
じゃがいもいろいろ
(左から、デストロイヤー2個、ノーザンルビー1個、シャドークイーン1個、ヨーデル2個)


な、なんと
肉じゃが
お鍋いっぱいの 肉じゃがです。
家族みんなで 食べ比べしました。

普通、野菜ソムリエは じゃがいも それぞれの持ち味を 生かし、特性に あったお料理を するものだと おもうでしょう・・・。
私は・・・、まぁいいじゃん こんな食べ方も ありだよね (言い訳か!?)
同じ条件で 煮てみたかったのよ

ほくほくしているのもあれば、粘質っぽいのもあり、自分の好みの じゃがいもってこれだな!
など、わいわい 楽しみながら、食しました。

協会のスタッフさんたち、ありがとうございました。


 

スポンサーサイト
17:10  |  野菜ソムリエ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

ワインの会

2009.10.29 (Thu)

ゆうべ、毎月恒例のワインの会 (ベジコミュしまねのメンバーが 季節のベジフルを提案して シェフが腕をふるうという) があったにもかかわらず、野菜ソムリエたちは都合がつかず、とうとう不参加で穴をあけてしまいました。
ポンムスフレの赤松さんに ご迷惑をかけてしてしまいました。
大変、申し訳ありません。

特に、ゆうべのワインの会は、徳政さんとの 和とコラボで 贅沢な会だったのに・・・。

くわしい昨日の模様は、赤松さんから教えていただいて ブログをアップします。

今後、このようなことがないように、野菜ソムリエ一同、気を引き締めて一層頑張りたいと思いますので、これからも よろしくお願いいたします。


ちなみに 今月の提案者は 松江市の 細木みはるさんで、

かぼちゃ、(コリンキー)、キャベツ、かぶ、青じそ、しいたけ、さつまいも、柿(西条柿)、りんご
でした。  みはるさん、ごめんね・・・。

 


07:05  |  ワインの会  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

松江3期レポート by たばちゃん

2009.10.26 (Mon)

10月23・24・25日、松江調理製菓製パンカレッジで、
「ジュニアマイスターコース」 松江3期の講座が 開催され、私は、23・24日にアテンド (講座のアシスタント) として 参加しました。

受講者は12名 とちょっと少なめでしたが、教室は皆さんのやる気 と 情熱 でいっぱいでした
コミュニティの PRのため、 『ベジフルコミュニティーしまね通信』 の最新号も ガイダンスで 配布しました。

はじめは 緊張していた皆さんも、グループワークなどを 行うにしたがって、表情も やわらぎ、お互いの会話や 情報交換も 増えていったように 見受けました。

ちょうど1年前に 受講した私、 「同じようにすごく緊張してたなあ」、 「先生の話を メモするのに 必死で 余裕がなかったなあ」 、 「3日目くらいになって、ようやく うち解けて 話ができるようになったな・・・」 など、当時を 思い出していました。

そして、1年経って思うことは、ソムリエの資格だけでなく、この講座を きっかけに知り合った “仲間”ができたことが、本当に よかったです。
今回の受講生の皆さんも、この出会いを 大切にしてほしいなあと思いました。


講師の先生のアドバイスから、私が特に印象に残ったことは・・・

○小さな積み重ね (経験)を増やし、引き出しを 多く持つこと。
○日常の中に 非日常をつくる。 意識の変化から 新たな発見が生まれる。

 野菜ソムリエに限らず、人に何かを 伝えるためには、とても重要なことですよね。
毎日ちょっとずつでもいいから実践していきたいなと思いました。


 受講された皆さん、ぜひ11月の 資格試験 頑張ってくださいね
そして、コミュニティーの仲間として、一緒に楽しめたらいいなあ と思って
います



17:30  |  野菜ソムリエ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

中国電力オール電化応援フェアイベント

2009.10.23 (Fri)

イベント告知です

きたる11月7日、8日 (土曜日と日曜日) に 益田市遠田町にある ジャストホールで
中国電力㈱益田営業所 主催の 「そろそろオール電化応援フェア」 に 野菜ソムリエたちが 参加させていただきます。

おがっちに会える♪

ソムリエたちが!
カラダの目的に合わせたベジフルジュースを考案中
予定を空けておいて、皆さんでぜひいらしてくださいね~
 
17:55  |  お知らせ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

ジュニアマイスター松江3期もうすぐ

2009.10.20 (Tue)

いよいよ 迫ってきました

ジュニアマイスター講座(野菜ソムリエ) 松江3期 10月23,24,25日です。

受講される皆さん
楽しんで、じっくり野菜・果物の魅力を 学んでくださいね。

西条柿

私も もっかい講座を 聞きたいわぁ
そして、11月の試験、頑張って合格してください 
そして 「ベジフルコミュニティしまね」 に入って 一緒に 活動しませんか
お待ちしてます




17:37  |  お知らせ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

プレミア会員

2009.10.17 (Sat)

プレミア会員の 「野菜ソムリエ便」が 協会から送られてきて 1週間…。
家に居ながらにして、食べ比べができるセットになってます。
柿 3種類と めずらしいジャガイモ 4種類。

柿は傷んでしまうから すでに食べちゃったけど、じゃがいもを どうやって 食べようかな?
なんか もったいない・・・

食べ比べしなくちゃ

プレミア会員 野菜ソムリエ便とは 

 


17:49  |  野菜ソムリエ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

レポ ~ byみーちゃん

2009.10.14 (Wed)

昨年に続いて今年も 「地産地消フェア」 に参加してもらった 斐川町の みーちゃん (長島美里さん) からの 感想です。

一番に 残った印象は、
益田の地産地消に対する意識が すごく高いなーと 感じました。

子どもたちも知識が豊富で、よく理解しています。

クイズの正解率の 高さにびっくりでした。
雲南や、斐川町で同じことをしても、きっと正解率は低いと思います。

西部が 地産地消・食育の進んでいることを 再確認しました。

さなちゃんたちの力も 大でしょうね。

パズル

ソムリエの ブースのクイズに 立ち寄ってくださる人が多く、
3感ゲームが とても好評だったと思います。
パズルですが、楽しみながら学べてよかったです。

パズル2
(発砲スチロールを ベジフルの形に くりぬいてあります、上のベジフルに あう言葉を 下の四角に はめていきます。)
パズル

はてなBOX
(箱の中に 5種類の野菜・果物を 入れてあって、触って 何のベジフルかを 当てるゲーム)


また、ステージのクイズは、物語を取り入れてあり 入りやすかったのではと思います。

皆さん、本当にお疲れ様でした。

 


17:31  |  活動報告  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

地産地消フェア無事終了

2009.10.11 (Sun)

今日、益田青果市場で 「第5回地産地消フェア」 が開催されました。
ベジコミュしまねの メンバー3人にも 助っ人にきてもらって とっても派手に 野菜ソムリエPR&活動 ができたと 思います。
会場

ステージクイズ

今回は特に 地産地消のことを テーマに ソムリエクイズを 進めました。
フードマイレージ、仮想水、食糧自給率など・・・。
でも 正解率は、ほぼ100パーセント でしたね。 景品の野菜が なくなって あわてて 調達する始末。。。
地産地消

メンバー

みんな遠くから 応援にきてくれて ありがとうございました。
また 感想文を お願いしますね

 

22:34  |  活動報告  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

sarajyaさんのかぼちゃスイーツ

2009.10.09 (Fri)

昨日、中国電力で sarajya(サラジャ)さん(女性) にお会いしました。
かぼちゃモンブラン

中国電力 益田営業所にて IHクッキング無料体験が ありました。
sarajyaさん とお客さんが 一緒にかぼちゃのモンブランを作って、私は食べる時間に 突然お邪魔して・・・。 食べちゃいましたぁ

とっても 美味しかったです 、かぼちゃの香りが ふわぁっと口の中に広がって スポンジもやわらかくって…。
ごちそうさまでした。
(美味しいとこだけ いただいてスミマセン)、そのかわり といっちゃ 時間短かったけど、野菜ソムリエとして、かぼちゃの 保存方法や カロテンの多い部分などについて お話を させていただきました。

sarajyaさんは、小さいころから、子供たちに 手作りのお菓子を 食べさせてあげるのが、夢だったそうで、今、その夢を かなえている最中です。
背が高くって 落ち着いてて、とても 私と同い年とは 思えないわ

そんな sarajyaさんのブログは こちらから
     のんびり のびのび
06:43  |  知らんかったこと  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

地産地消フェア

2009.10.08 (Thu)

来たる10月11日(日曜日) 益田市の 益田青果市場内で 「第5回 地産地消フェア」 が開催されます。
ぜひ、みなさんおそろいで 遊びにきてくださいね

        宣伝ポスター
06:31  |  お知らせ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

たばちゃんです♪

2009.10.05 (Mon)

ベジフルコミュニティしまね メンバー紹介です

美奈似顔絵_4  こんにちは  松江市在住の たばちゃんです。

私が 野菜ソムリエの資格を 取得するきっかけとなったのは、以前から 食べることが 大好きで、食について 強い関心があったということもありますが、
子育てを 経験する中で、赤ちゃんに 母乳をあげるのに、自分の食べたものが そのまま母乳に 影響することを知り、自分自身の 食生活についても 見直さなくては・・・と 考えるようになった とともに、
「子どもに安全で安心できるものを食べさせたい」 「野菜を美味しくたくさん食べてもらいたい」
と思うようになった時、ちょうど タイミング良く 新聞で 「野菜ソムリエ」 の記事を見て、すぐに 受講したことでした。

 「ジュニア&フルーツマイスター」 の資格を 取得してからは、意識して 野菜を多く使った料理を 作るようになったように思います。
家族に好評なメニューは、写真に撮って レシピに まとめたりしています。

仕事をしていて 時間に追われる毎日なので、とにかく 手早くできることが必須!!
できれば、子育てや 仕事で忙しくて、なかなか 野菜を使った料理を 作る気になれない方でも 作りたくなるような、手早く 簡単にできる 美味しいレシピを 提案できるように なれるといいなあと 思っています。
 
 季節の果物を 使ったジャムをよく作ります。
ジャムって買うと結構 高いですよね。 私は果物を いただいたり、旬の時期に 安く手に入ると ジャムにして保存しています。
イチゴ、ブルーベリー、ブドウ、イチジクなどなど
意外と手軽にできるんですよ

いちじく

ジャム
      
 どうぞよろしくお願いします
 
17:03  |  メンバー紹介  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

ビューティコラム⑦

2009.10.02 (Fri)

こんにちは 影山久美子です

秋になると気候が良くなり、美味しい食材も 続々登場してきますが、インナービューティーの第一条件は、常にバランスの取れた食事です。
そこで
第7回目のテーマは、
  ~PFCバランスと過剰摂取の危険~ です。


皆さんは 毎日の食事でバランスをきちんと意識していますか?
ここでは 私たちが生きていく上で 柱となる 三大栄養素、タンパク質・脂質・炭水化物のバランスと、その過剰摂取の危険について紹介します。

三大栄養素
三大栄養素とは、タンパク質・脂質・炭水化物 の三つです。

タンパク質・・・皮膚・筋肉・血液・酵素・ホルモンなど、体を作るもの。 主に肉、魚、乳製品、大豆などに含まれ、主菜となるものです。
脂質・・・皮下脂肪・内蔵脂肪として骨格や内臓を守るもの。 主に肉、魚などの脂部分や油、ゴマなどに含まれます。
炭水化物・・・消化出来る糖質と消化出来ない食物繊維とに分けられ、糖質は最も効率の良いエネルギー源で、また唯一脳のエネルギー源となるもの。 ご飯などの主食となるものです。
しかしこれら三つは、別々な働きするものではないため、各々を 必要量ずつ 摂取することが大切です。

PFCバランス
一日に必要なカロリーは、個人の年齢、性別、体格、毎日の生活スタイルなどによって 異なりますが、大人で 約2,000Kcalです。
一方 PFCバランスとは、この一日のカロリー中の、タンパク質・脂質・炭水化物の割合を 示したものであり、タンパク質 (Protein) ・脂質 (Fat) ・炭水化物 (Carbohydrate) の其々 頭文字を取り、PFCバランスとして表わされます。理想的なPFCバランスとは、一日のカロリーの割合が【P15%・F25%・C60%】です。
炭水化物であるCが最も多いのは、ご飯などの主食が含まれるためであり、つまり一日三食、必ず主食を食べることで、この理想的なバランスは 保たれるということになります。 例えば欧米のように、タンパク質の多い食事は、あらゆる病気の引き金となり、
脂質の多い食事は、生活習慣病のリスクを高める原因となります。

タンパク質の過剰摂取の危険
植物性タンパク質には 炭水化物も含まれているため、多く摂ってもタンパク質の過剰摂取となることはありませんが、動物性タンパク質を多く摂れば、容易にタンパク質の過剰摂取となってしまいます。

アレルギー
元々私たち日本人は 農耕民族であるため、ご飯などの炭水化物を消化する力は 強く出来ていますが、肉などのタンパク質を消化する力は、欧米人程強く出来ていません。
その日本人がタンパク質を多く摂れば、当然タンパク質は 消化不良を起こし、未消化タンパク質が増えてきます。 食物アレルギーの原因であるアレルゲンは、この未消化タンパク質です。
未消化タンパク質は、腸内で増えると腸壁を通して、血液中へ侵入しようとしますが、これを防ぐために体は防御体制に入ります。 これがアレルギー反応であり、かゆみ、湿疹、くしゃみなどの症状として現れてきます。 特に子供は、腸がまだ充分に発達していないため深刻です。 これは細菌やウイルスなどの異物が、体内へ侵入したときに起こる免疫反応と同じです。
この細菌やウイルスなどの異物の正体も、タンパク質です。
例えば牛乳は、仔牛には異物ではありませんが、人間にとっては 多く摂れば、未消化タンパク質が増えて異物となってしまうのです。 牛乳の未消化タンパク質であるカゼインは、気管の粘液を増し、喘息を悪化させます。タンパク質の中でも、肉や牛乳はアレルゲンとなり易い食品です。
また脂質と炭水化物は、アレルゲンとなることはありません。

大腸ガン
タンパク質を多く摂れば、未消化タンパク質が 長時間腸に留まり、腐敗 ⇒ 腸内環境悪化 ⇒ 硫化水素・アンモニア発生 ⇒ 発ガン性物質となり、大腸ガンの原因となります。これが食の欧米化に伴い、大腸ガンが急増している理由です。

肝臓・腎臓に負担となる 痛風
タンパク質は窒素を含んでいるため、分解されるとアンモニアを発生します。そのためタンパク質を多く摂れば、毒性の強いアンモニアが発生 ⇒ 肝臓で無毒化処理 ⇒ 腎臓から尿として排出。つまり解毒してくれる肝臓と、排出してくれる腎臓へ、大きな負担を掛けてしまうのです。
またタンパク質に含まれている窒素は燃えないため、体内では尿素となって排出されます。しかしタンパク質を多く摂れば、尿素の排出がスムーズに行われず、有害な尿酸が発生し、関節に溜まれば痛風の原因ともなります。
また 脂質と炭水化物には、窒素は含まれません。

骨粗鬆症
タンパク質を多く摂り、尿酸や硫酸が発生すれば、血液は急激に酸性へ傾きます。それを中和するため、骨にあるカルシウムやマグネシウムなどが使われ、骨はカルシウム不足となり、骨粗鬆症の原因となります。

【牛乳の飲み過ぎに注意】
牛乳を飲みましょう ! と牛乳を積極的に飲む運動が勧められていますが、牛乳の飲み過ぎは、決して体に良いことではありません。 確かに牛乳には豊富なカルシウムが含まれていますが、牛乳を飲めば、カルシウムが充分に補われ、骨が丈夫になるというものではありません。
実際世界で最も多く牛乳を飲んでいるノルウエー人の骨折率は、日本人の5倍もあるのです。
牛乳のような動物性ミネラルは、植物性ミネラルに比べ 非常に吸収率が高いため、牛乳を沢山飲めば、急激に血液中のカルシウムは 高くなります。
しかし私たちの体は、常に恒常性を保とうとしているため、急激に高くなった血液中のカルシウムを、急いで排出しようとします。 その時に カルシウムと同時に、マグネシウム、亜鉛、鉄などの大切なミネラルも一緒に排出され、ミネラル不足となるのです。中でもマグネシウムは、ミネラル間のバランスを保つ役割、酵素の働きを助ける役割などを持っているため、マグネシウム不足は、動脈硬化、結石、骨粗鬆症などの全身障害を引き起こす原因となります。
~ 牛乳にきな粉を入れて きな粉牛乳として飲むと、このマグネシウム不足は緩和されます。きな粉は、良質な植物性タンパク質で、豊富なミネラルを含み、マグネシウムも多く含むバランス栄養食品です。
しかし牛乳には、母乳の3倍のタンパク質、4倍のカルシウム、6倍のリンが含まれています。それは胃袋が4つあり、1~2年で成長する仔牛にとっては必要ですが、胃袋は1つ、人生80年の人間には必要ありません。 牛乳の飲み過ぎは、私たちの体に、余計な負担をかけてしまうこととなるのです。

脂質の過剰摂取の危険

動物性脂肪の過剰摂取
動物性脂肪であるラードやヘットは、常温では固体であり、高温で完全に溶けます。
しかし私たちの体は、体温が36℃~37℃と高温ではないため、これらの動物性脂肪を完全に溶かすことは出来ません。 そのため動物性脂肪を多く摂れば、血液中の粘度が増し、血流を悪化させ、血液中のコレステロールや中性脂肪が増え、高脂血症の原因となります。 更には肥満、糖尿病、動脈硬化などの生活習慣病を引き起こす原因ともなります。
特に霜降肉などは、赤身にわざわざ脂肪を散らし、明らかな病的にした肉であるため、摂り過ぎには注意が必要です。

植物性油の過剰摂取
植物性油は、動物性脂肪に比べ酸化し易い性質を持っています。
そのため 植物性油を多く摂れば、活性酸素が増し、細胞を変性させ、ガンの原因となります。 また植物性油はコレステロールを低下させると言われていますが、これは植物性油が、血液中のコレステロールを肝臓や筋肉へ吸着させ、一見血液中のコレステロールが低下したように見せているだけなのです。
植物性油は、決してコレステローを 低下させる根本的解決をしている訳ではないため、無駄に摂る必要はありません。

炭水化物の過剰摂取の危険
私たちの体は、炭水化物を摂るとブドウ糖に分解されます。 そして血液中にブドウ糖が増えると、膵臓からインスリンというホルモンが分泌されます。
インスリンはこのブドウ糖を、中性脂肪として 筋肉や肝臓に 溜め込みます。そのため炭水化物を多く摂れば、皮下脂肪や内蔵脂肪である 中性脂肪が急激に増え、肥満、脂肪肝の原因となります。 更には糖尿病などの 生活習慣病を引き起こす原因ともなります。 特に菓子やジュースなどの甘味類は、ご飯よりも早く吸収されるため、摂り過ぎには 注意が必要です。

これらの過剰摂取を防ぐには、一日のカロリーと、PFCバランスを正しく保つことがポイントです。

最近は 食の欧米化が進んでいますが、理想的なPFCバランスである、 【P15%・F25%・C60%】 には、日本食が最も近く、また私たち日本人にとっては、ご飯、魚、味噌汁、漬物などの日本食が、最も適した食事です
つまり日本食は、過剰摂取の危険率が 最も低い食事とも言えます

毎日の食事を、一日のカロリーと、PFCバランスの両方から考え、量と質の両方を意識した、一歩進んだ食事としてください

 


17:01  |  ベジフルビューティ  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

地域における野菜ソムリエとして

2009.10.01 (Thu)

また、さなっちです。
個人プレイの 活動報告ばかりで スミマセンね
いまに ベジコミュしまねのメンバーみんなで デカイことやるから 待っててね

今日は、私の野菜ソムリエ人生における 最多人数、最長時間の講師に 挑戦できた 最良の日です。(大袈裟? かな?)

場所は、益田市内の合同庁舎にて、受講者は、益田教育事務所管内の 小・中・県立学校の教員 55名くらい?です。
時間は 1時間30分

テーマが 「地域における食育の取組について」 でしたので、野菜ソムリエとして、今まで体験してきたことをお話させていただきました。
    ソムリエ

他には、野菜畑の栽培のこと、体をあたためる野菜の紹介、体内時計、食べ合わせなど、くみーるに伝授したもらったお話を盛りいれて、1時間ほど頑張りました。
あとは、質疑応答でなんとか時間に終わることができました。

普段、私の子が お世話になってる先生もいらして、変な汗を かいちゃいましたよ
スーパーなど 店頭に 野菜ソムリエが立っていて、いろんなことを 教えてくれたら 嬉しいのに・・・ との嬉しいご意見も いただきました。

今日のことを、また反省・学習して ますますソムリエ話術を がんばってまいりますので、今後とも よろしくお願いいたします。

こんな貴重な体験を させていただいて、ホントありがとうございました。
 

18:33  |  野菜ソムリエ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |