04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

いよいよ初出荷!

2013.05.31 (Fri)

益田名産アムスメロン
IMG_20130531_114509.jpg

今日のひとまろビジョン「ますますおいしい」ではメロンをご紹介します。

メロンに大事な5月の日照時間・・・益田市は日本一ってご存知でしたか?

しかも、名産アムスメロンは栽培方法が少し違います。
より甘く、美味しいメロンをいつも変わらず味わえるのです。



今回はメロンハウスにて、梅雨時期特に気になる「むくみ」のお話を交えてメロンの魅力をお伝えしています。

放送をお楽しみに♪

さっちゃんでした



スポンサーサイト
14:25  |  ひとまろビジョン  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

旬刊 ~ビーツ~

2013.05.28 (Tue)

旬刊 菜果三十六景「第五景 ビーツ」
                                      児玉和則

ビートルートとかテーブルビートとも言います。フランス料理出身の料理人は「ヴェトラーブ」と呼んでました。ロシア料理のボルシチには欠かせない野菜です。ビーツを使ったサラダは、ロシア風サラダとも言われ人気があるようです。
2505_2_1.jpg

ぱっと見、あかかぶみたいですが、植物的にはアカザ科なんでほうれん草の仲間です。日本名は、甜菜(てんさい)かな?
 かな?というのは、甜菜は別名砂糖大根でと言って、主に北海道で砂糖の原材料として栽培されているものだから、正確には、野菜としてのビーツとは(品種が)違うものです。
味は、砂糖の原材料になるものの品種違いですから甘みはかなり強くて、ほうれん草の仲間だから、ほうれん草の軸の元の香り(泥臭さ)があります。
栽培は、簡単。島根県内なら真冬以外ほぼ年中栽培・収穫できます。春から夏は、播種から収穫まで二ヶ月とスピード野菜でもあります。

種子
2505_2_3.jpg 
種子はこんなんですが、実はこの一粒は一粒でないのです。これは、殻に包まれた複数の種子の塊です。なので一粒のつもりで蒔いても複数の芽がでてしまいます。
2505_2_4.jpg

栽培に間引きは必須ですが、このビーツのはっぱ、実はベビーリーフとしても栽培・販売されているので、間引き菜はサラダ用の高級素材として使えます。
私は、ベビーリーフ用のビーツの種子を蒔いてビートルートを収穫したこともあります。あと、フダンソウやスイスチャードもビートの葉っぱと思っても大きな違いはありません。
もうちょっと大きく(葉っぱの長さ5センチくらいに)なってから間引き。結構密植できるので、株間を10~15センチにします。

収穫
2505_2_2.jpg
株元が太くなりだすと、ぐんぐん大きくなって2週間くらいで収穫できます。
収獲の時などに不要な葉を除去すると切り口から赤い汁がでます。これがやっかいで、なかなか落ちません。料理の本とかにレモン汁で落ちると書いてありますが、レモンがもったいなくてまだ試していません。

2505_2_5.jpg
 写真のとおり、横から切る(上側)と中は真っ赤で輪紋があります。今回紹介しているビーツの品種は最も代表的な「デトロイト」という品種です。
下ごしらえ方法やレシピは、クックパッドなどのサイトで紹介されているので省略しますが、昨今、ジュレの素材として注目されていると松江のフランス料理店シェフが紹介していました。ケーキの色づけとして使っている方もいます。
私は、たまにカレーに入れます。作った当日はそうでもないですが、翌朝になるとカレーは見事なレッドカレーになってます。
 7月の野菜ケーキ教室にいかがですか?


Text&Photo by Kazunori_kodama(Vegetable Sommelier)

17:19  |  菜果三十六景  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

豆苗って・・・?

2013.05.24 (Fri)

さ菜っち(斉藤)です。

昨日、BSS山陰放送ラジオでお話ししたのは

デラウェアと豆苗です。

DSC_0611.jpg
(左・サラダ  右・エビバター炒め)


豆苗っていうのは、漢字の通り、さやえんどうとかグリンピースの豆の苗なんです。

お店で売っているのを脇芽を残して切って使うと、1週間もすればまた芽が伸びてきて収穫できるんですよ。

DSC_0643.jpg
(切って1週間後の伸びた豆苗)


ポイントは、
  ・毎日きれいな水に変えること
  ・根っこだけに水がつかるようにして、豆には水がつからないようにすること
  ・当たりのよい室内で育てること

ですね。

ぜひ、試してみてください。
面白いですよ!!

12:26  |  BSSラジオ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

大玉ゆる房デラウェア

2013.05.23 (Thu)

やっちゃん(藤井)です。

5月15日に益田CATV「ますますおいしい」を収録してきました。

今回は デラウェア です。

1369364956966.jpg


生産者さんと楽しくお話しすることができました。

放送日は5月24日(金)です。

お楽しみに~!
12:13  |  ひとまろビジョン  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

旬刊 ~なんちゃってホワイトアスパラガス~

2013.05.15 (Wed)

旬刊 菜果三十六景
「第四景 なんちゃってホワイトアスパラガス」

我が家のアスパラガス畑(ビニールハウス)で「ホワイトアスパラガスもどき」を作っ
てみました。
やり方はいたって簡単
わずかに芽が出ているのを発見したら、
2505_1_1.jpg

長さ30センチくらいのパイプをかぶせるだけ。
2505_1_2.jpg

 こんな感じです。パイプは水道用です。わずかに光が入る気がするので気休め程度に
アルミ箔で覆ってます。パイプがひっくり返らないように中に支柱を立てます。

かぶせて24時間後↓
2505_1_3.jpg
レンズが曇って綺麗に撮れてないところは勘弁

48時間後(3日目)↓
2505_1_4.jpg

72時間後(4日目)↓
2505_1_5.jpg
こんな生長具合で、結局収穫まで一週間かかりました。

普段は4日くらいで収穫するのですが、今回は気温が低かったせいか時間がかかりまし
た。その分わずかな光に反応して、純白アスパラガスではなくて、若干緑色・・
2505_1_6.jpg

グリーンアスパラと比べると若干柔らかいのですが、味の違いは(私は)わかりません
でした。ただ、炭火で焼いた人の感想は、グリーンよりはるかに旨いとのことでした。


おまけ
アスパラガスは今まで熱をとおしたものしか食べたことなかったのですが、先日とある
居酒屋で生アスパラガス(グリーン)を食べました。生くさいというか青臭くて食べら
れるかと思ったのだけど、そうでもなかったです。意外だったのは、穂先というか先っ
ぽよりも元の方が甘味が強く、青臭みもほとんどなくて美味しかったこと。穂先は青臭
みがちょっと気になりました。生食アスパラガス新鮮なアスパラガスが手に入ったら試
してみて下さい。
元部分の皮を少しむいて塩を振っただけの生アスパラガス
2505_1_7.jpg


                          by野菜ソムリエ・児玉
15:06  |  菜果三十六景  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

総会があります♪

2013.05.13 (Mon)

こんにちは

「野菜ソムリエコミュニティしまね」代表 斉藤早苗です。

メンバーの方には、案内が届いたかと思いますが、改めてお知らせいたします。

きたる5月26日(日) 午前11時から
松江市内 ジャスミン にて
平成25年度野菜ソムリエコミュニティしまね総会 を行います。

参加者の方のいろいろなご意見を期待しています。
初めて会うメンバーさんもおられるので楽しみですね

また、この日は 日本野菜ソムリエ協会 大阪支社の秋津さんも参加されますのでよろしくお願いいたします。

残念ながら当日欠席の方は、事務局の有田さんまで委任状を送ってくださいませ。

よろしくお願いいたします

12:35  |  お知らせ  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

旬刊~flower of fruits~

2013.05.03 (Fri)


菜果三十六景第三回果樹の花

実りの秋を迎えるために、春はいろんな果物(果樹)の花が咲きます。
今回は、4 月5 月に咲く果樹の花を集めてみました。名称は伏せていますのでヒントを参考に考えてみて下さい。全て島根県内で撮影した写真です。

 < 1 >
2504_3_1.jpg
ヒント 島根県では浜田市、安来市で栽培が盛ん。これは安来市での写真。


 < 2 >
2504_3_2.jpg
ヒント 日本まれの品種が世界各地で栽培されています。


 < 3 >
2504_3_3.jpg
ヒント 美味しく食べるために収穫後追熟させます。


 < 4 >
2504_3_4.jpg
ヒント 梅雨時期からが収穫期。近年、島根県でも栽培面積が増えてます。


 < 5 >
2504_3_5.jpg
ヒント 色=果実です。


 < 6 >
2504_3_6.jpg
ヒント 今回紹介した果実の中で一番高価格。収穫時期は6月。



以後は柑橘類3種。
全て香酸かんきつです。花の違い、私はよくわかりません

< 7 >
2504_3_7.jpg
ヒント 国内産はほとんど流通していないです。
連想ヒント 雪国、カミカゼ、ジンリッキー


< 8 >
2504_3_8.jpg
ヒント 流通している国産品は、広島県産がほとんどです。
連想ヒント リスボン、ジェノバ、ユーレカ


< 9 >
2504_3_9.jpg
ヒント 島根県内では益田市美都町で栽培盛ん
連想ヒント 冬至、湯治、非食



何の果物の花かわかりましたか?
答えはもうちょっと下にあります









もうちょい下





答え
1 なし(写真は安来市) 品種:二十世紀
2 りんご(松江市) 品種:おそらく「ふじ」
3 キウィフルーツ(松江市)緑肉系
4 ブルーベリー(松江市)ラビットアイ系だと思います
5 もも(津和野町) 品種不明。
6 さくらんぼ(邑南町) 品種:「高砂」かな?
7 ライム(松江市) 連想ヒントはライムを使ったカクテル
8 レモン(松江市) 連想ヒントは品種名
9 ゆず(松江市) 連想ヒントはゆず湯から


                         by 野菜ソムリエ・児玉
10:04  |  菜果三十六景  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。