06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

ビューティコラム⑫

2010.03.03 (Wed)

 3月になれば春の足音も聞こえ、気分も少しずつワクワクして来ます。
外出する機会も次第に増えて来ますが、気になるのは、やはりボディーラインです。

そこで12回目のテーマは、
~ダイエットとサプリメント~ です。

ここではよく知られている三種のサプリメントと、効率良いダイエットについて紹介します。

・ギャバ(GABA)
GABAは英語のamma-mino-utynic-cidの頭文字を取り、一般にGABAと言い、日本語ではガンマーアミノ酪酸と言います。ギャバは文字通りアミノ酸の一種であり、特に哺乳類の脳や脊髄に多く含まれています。
私たちの脳の情報伝達は、興奮と抑制のバランスが保たれることで成立しており、ギャバはその抑制性機能の代表とされています。
つまり脳内での血流を活発にし、酸素の供給量を増し、脳の代謝を高めてくれるのです。そのためギャバが不足すれば、イライラしたり、ストレスが増したり、様々な精神症状が現れて来ます。イタリア人に陽気な人が多いのは、ギャバを多く含むトマトを使った料理が日常的であるためと言われています。
またギャバは成長ホルモンの分泌も活発にしてくれるため、筋肉量の増加、内臓脂肪分解など、基礎代謝も高めてくれます。
通常ギャバは深い眠りに入っているときに生成されるため、睡眠不足はギャバ不足にもつながり ・・・このことからギャバは夜の摂取が効果的ということになります。

・L-カルニチン
L-カルニチンはリジンとメチオニンというアミノ酸から、肝臓や腎臓で合成されるアミノ酸ペプチドです。
L-カルニチンは、細かくなった脂肪酸を筋肉の中にあるミトコンドリアという場所へ運ぶ役割を持っています。ミトコンドリアは、私たちが生きていく上で必要なエネルギーを作り出すエネルギー工場であり、脂肪酸の燃焼はこのミトコンドリアの中で行われています。
しかし脂肪酸は単体ではミトコンドリアの中へ入ることが出来ず、脂肪酸をミトコンドリアの中へ運んでくれるのが、このL-カルニチンです。つまりL-カルニチンを多く摂取すれば、脂肪の燃焼も促進し、基礎代謝も上がり、太り難い体作りにもつながるのです。
このことからL-カルニチンは朝や運動前の摂取が効果的ということになります。
現在L-カルニチンは、アメリカの肥満外来で最も多く使われているダイエットサプリメントで、アミノ酸ダイエットの数倍もの脂肪燃焼効果が出されています。

・コエンザイムQ10
コエンザイムQ10は正式にはユビキノンと言い、ビタミンQとも呼ばれています。
私たちの体はミトコンドリアの中で生命上必要なエネルギーの95%が生成されています。このミトコンドリアの中にコエンザイムQ10は多く含まれ、コエンザイムQ10はエネルギー生産に大変大きく働き掛けています。
またコエンザイムQ10はビタミンCやビタミンEと共に抗酸化物質でもあります。
このコエンザイムQ10は、体の中でも心臓や骨格筋などの筋肉の多い重要な場所に存在し、私たちの体全体を支えており ・・・ このように体の様々な細胞で必要とされていることが、コエンザイムQ10が“100年に一度の素材”“アンチエイジングの切り札”と言われている所以です。
コエンザイムQ10は水には溶けず、油に溶け易い性質を持っているため、油分を含んだ食事の後の摂取が効果的ということになります。空腹時では効果は半減します。
一方コエンザイムQ10はエネルギー生産に大きく関係しているため、トップアスリートたちも筋力アップ、持久力アップ、破壊した筋肉細胞の修復などを目的として積極的に摂取しています。

・ダイエットサプリメントチーム
これらのギャバ、L-カルニチン、コエンザイムQ10の三種のサプリメントを単独ではなく、一式として摂取することで、一連のメカニズムが成立し、より効果的なダイエットとなります。
先ずギャバが成長ホルモンの分泌を促し脂肪を細かく分解し 次にL-カルニチンが細かく分解された脂肪をミトコンドリア内へ運び → 最後にコエンザイムQ10がミトコンドリア内で脂肪を燃焼する
つまり、
ギャバは“脂肪の分解屋”
L-カルニチンは“脂肪の運び屋”
コエンザイムQ10は“脂肪の燃やし屋”
無敵のダイエットサプリメントチームが結成されるのです。

またコエンザイムQ10は脚の動脈を広げて血流を良くしてくれるため、このダイエットサプリメントチームは下半身ダイエットにも有効となります。

一方これら三種の栄養素を多く含む食材は、ギャバは発芽玄米が白米の10倍、トマト、メロン、ジャガイモなど、L-カルニチンは羊肉など、コエンザイムQ10はイワシが最も多く、次いで牛肉、ブロッコリーなどがあります。
しかしギャバ、L-カルニチン、コエンザイムQ10共に、私たちは20歳を境に、体で生成される量が著しく低下していくため、食事からの摂取だけでは不充分であり、ダイエットを目的とした場合、このダイエットサプリメントチームの摂取が最も効果的となります。

皆さんの中には、サプリメントを好まない人もいらっしゃるかもしれません。
しかし今は、良質なサプリメントが安価で大量に生成されている世の中です。 真剣に美と健康を考えるのであれば、私はこの便利なサプリメントを利用しない手はないと思います。
日々の規則正しい食事に加え、是非ともサプリメントを上手く取り入れ、更なるインナービューティーを目指してください



 4月から連載させていただきましたベジフルビューティーコラムは、今回をもちまして、第一章を終了させていただきます。
この一年間、私のつたないコラムをお読みいただき、大変深く感謝しております。

皆さまのインナービューティーに、何か一つでもお役に立てたものがありましたら幸いです。

これからも皆さまの美と健康を、心からお祈りしております。

どうもありがとうございました。

       ベジフルビューティーアドバイザー・野菜ソムリエ
            影山久美子

スポンサーサイト
06:45  |  ベジフルビューティ  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

Comment

お疲れさまでした~♡

くみ~る先生

冬から体重が微増中の私には、まさにタイムリーな話題!!・・・ダイエットサプリに興味深々です。

どれも名前は知っていたのですが、脂肪に効果があるとは♪ 三点セットで、私の脂肪を減らす手助けをしてもらおうと思いました☆

そして、毎月楽しみにしていたくみ~るコラムが幕を閉じるのですね。

たくさんの専門的な知識と考え方を教えてくれるこのコラムは、私にとって、ありがたいビューティーの教科書でしたよ☆☆☆

くみ~る、お疲れさまでした。
し~ |  2010.03.03(水) 10:27 | URL |  【編集】

ありがとう

し~ちゃんi-197

コラム12回総てにコメントをいただき、ありがとうございますi-228

ものを書くのって相手の顔色が読めないので、読んでる側がどう反応しているのか分からなくて不安になることがありますが、し~ちゃんからいつもコメントをいただいていたので、ホント、心強かったですi-241
同期っていいですねi-179
し~ちゃんありがとうi-176

これからももっともっと、インナービューティーの勉強を強化していきましょうねi-234
先ずは美のルーツ京都から発信ですねi-236
くみ~る |  2010.03.04(木) 09:17 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sana5vegefru.blog36.fc2.com/tb.php/227-261c3376

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。