05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

規格外野菜の行方

2010.06.22 (Tue)

規格外の野菜たち
形が悪かったり (まがってる・キズあり)、大きすぎたりした野菜は、どう処理しているのでしょうか?

生産者さんは、自分の家で食べたり、ご近所さんへ おすそ分けしたりするんでしょうね。
それでも まだまだたくさん 規格外ができてたら?

生鮮のままでは、普通の市場流通には乗りませんね。
でも直売所なら安く売れます。 むしろ規格外野菜の方が、お客さんたちのウケが良かったりもします。
それ以外では・・・となると、加工品行きですか?

最近では、野菜・果物をスライスして、乾燥機でカラカラに乾燥させて販売してるのを見かけます。
その乾燥野菜&果物は、ケーキの上にのせたり、サブレに混ぜ込んだり、お菓子作りにはかかせない存在になってきています。

前置きが長くなりましたが、2,3日前、日本農業新聞でみかけた画期的な野菜の食べ方にびっくりしました。
なんと、産地や加工段階で出る野菜の未利用部分や、規格外品を使って にしちゃったそうです。
もちろん食べるためにですよ!

京都工芸繊維大学(京都市)大学院工芸科学研究科の木村教授と、地域おこしコンサルタントの方々が、試作を重ねて完成させたそうです。

日本古来の紙すき技術を応用したもので、野菜だけで作った「紙」は日本初とのこと。
関係者は「全国の農村ですぐ実践できる技術。地域興しに活用してもらいたい」と広がりに期待。
(写真等は、新聞誌面か農業新聞HPをご覧ください。)

一般家庭でもできそうじゃないですか? 面白そうですね。(おいしそう? 食べてみたいかも・・・)
アイデアがどんどん出てくる方たちに脱帽です
 
スポンサーサイト
18:04  |  知らんかったこと  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sana5vegefru.blog36.fc2.com/tb.php/277-02a1211b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |