09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

トマト丼

2010.10.08 (Fri)

吉田仁美(さとみ)です 

先日、ワインの会でご一緒だった方から 「トマト丼」 なるレシピを教えていただきました。

完熟トマトを皮ごと鍋に入れ、お水とコンソメとお塩を少々。
蓋をしてグツグツと15~20分煮込み、ご飯にのせるだけの超簡単レシピ。

トマトって、そのまま食べることが多いと思いますが、煮込んだり炒めたり、色々使える便利な野菜なんですよね。
・・・そういえば以前、味噌汁の具材にトマトを入れてみたところ家族にびっくりされましたが、これが意外においしいんです。

栄養価も高く 「トマト赤くなれば医者が青くなる」 と言われるほど健康にはもちろん美容にも効果を発揮してくれるお野菜です。
トマト


真っ赤なトマトは太陽の恵みを十分すぎるほど吸収しています。赤ければ赤いほど多くの栄養素を含み、しかも加工食品の多くは完熟トマトを使っているため、加工されても栄養素がそれほど変化しない食品です。

特に
リコピン。言わずと知れたトマトの赤色ですよね。
抗酸化作用をはじめとするガン予防や生活習慣病予防に効果的です。
油に溶けやすいので油と一緒のほうが吸収されやすいです。

そして
ビタミンA 皮膚や粘膜を強くして風邪をひきにくく、免疫もアップします。
ビタミンC ストレス解消効果や美肌効果があります。お肌の張りを保つコラーゲンを作るもとでもありますね。
ビタミンE 血行促進効果。ビタミンCとの相乗効果も期待できます。

ペクチン 食物繊維で腸内環境改善。
カリウム 体内の余分な塩分を排出し、高血圧予防。
カルシウム 骨や歯を作ります。
 
上記の栄養素の加え、皮膚に栄養を送り届けてくれたり疲労回復効果、貧血防止、集中力アップなど様々な効能が挙げられます。

また、トマトの酸味が胃液の分泌を促し消化を助けてくれますし、トマト特有の香り成分は肉や魚の臭みを消す効果が高いです。

そしてだしなどに使われるコンブに多く含まれる、うまみ成分のグルタミン酸も多く含んでいるため煮込んだ時に旨みやコクが増加するんですね。

こんなに健康&美容効果たっぷりのトマト、食べなきゃ損ですよ~。
夏場が旬ですが、今は通年を通して手に入りますので、日々の食生活に取り入れてみてくださいね。
トマト丼

そしてトマト丼に戻りますが、実は・・・作っている途中に子供と遊んでいたせいか (←いいわけ^_^;) お水が足りなくなってしまい、鍋を焦がしてしまいました…。
まぁ焦げも程よくおいしかったですが、皆様はそんなことがないように気をつけてくださいね。

教えていただいたレシピは超簡単レシピでしたが、もう少し色どりがほしいかなと思い、溶き卵と少量のお醤油を投入してみました。

盛りつけはご飯にレタスをのせ、その上に煮込んだ卵とじトマトをのせました。

とってもおいしかったです♪

上の子はさらに、「チーズをいれてお代わりちょうだい」 とリクエスト。
鍋に残っていたトマトにスライスチーズを入れて軽く火を通しました。
トロッと溶けたチーズは更においしさを倍増したようで「うまい!」と喜んでいました。
トマト丼 チーズ

教えていただいたMさん、ありがとうございます。我が家の定番料理になりそうです(*^_^*)


手軽にできますし、色々アレンジしてみるのも楽しいですよ。 ぜひお試しください



スポンサーサイト
18:17  |  さっちゃんラボ♪  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sana5vegefru.blog36.fc2.com/tb.php/342-ad6200df

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |