FC2ブログ
03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

農家の苦悩

2011.05.11 (Wed)

益田のさなっち (斎藤) です。

002_20110511181442.jpg

今日、市場休みだったので、津和野温泉道駅 「なごみの里」 へ木村農園さんに会いに行きました。
益田からでも車で40分かかるこの距離は、晴れたお気楽なドライブならともかく、仕事として荷物を運んで走るとたいぎいよね。
(あくまでも木村さんに会うのが苦痛なのではなく、流通者の考え方として・・・です。決して二日酔いだからとかじゃないし・・・

なぜ、会いにきたかというと、実は 以前から木村農園の和代さんに野菜を直売所に置くのにポップを頼まれていたので、現場を見るために・・・です。

003_20110511181648.jpg

 これは、和代さん手づくりのポップ
手書きが良い味をだしています。

007_20110511181757.jpg
今回、イチゴや茎ブロッコリーのポップをさっちゃんにお願いしました。
やっちゃんにも山菜類をお願いしといたんだわ(忙しいのにありがとうね~)
最初に私が担当した ヤーコン、きくいもも好評だったようです。

なんせ この場所は、温泉の出入り口で室内温度が高いんだよね。野菜には悪環境だわ・・・。
でも観光地なので、地元の新鮮な野菜・お漬物はお土産物の饅頭などと共に良く売れるそうです。

005_20110511184312.jpg

木村さんとお話するうちに、小さな農家の苦悩がたくさん見えてきました。
私は、市場関係者なので、ただ市場に出荷された野菜を買受人に買ってもらえたらそれですむと思ってましたが、

010_20110511183543.jpg

直売所に朝 野菜をおいて、午後には(前の日の)黄ばんでしまった葉物類などの撤収、様子をみて半額にするなど・・・。
なごみの里やキヌヤ(スーパー)を回って、ポップを置いたり、たくさんは野菜の量が揃えられないし、夜遅くまで、袋詰め作業をしてもバーコードシール代など いろいろ差し引かれていくと手元にあまり残らないことなど・・・。

でも 木村農園さんのこだわりの いちごジャムを見て感動しました。
普通いちごを煮てつぶして、その汁ごとまぜてジャムにし、瓶詰めしますよね、でも ここのおかあさんのこだわりで、まるごといちごをつぶさないで瓶詰めにして販売しています。
016.jpg
見て、いちごがごろごろ入ってる

野菜ソムリエとして、どうやったら今より売れるのか? 道駅にくるお客さんの年齢層も考えて、もっとより良いポップを提案していきたいなと思います。

013_20110511184408.jpg

ちなみに ポップ下欄に 「野菜ソムリエコミュニティしまね」 名 が入ってます。
道駅に行かれることがありましたら、ぜひじっくりご覧ください。
そして野菜を買ってくださいね 

DVC00222.jpg
かわいいラディッシュとベビーリーフも購入! いっただきまぁす!

スポンサーサイト



18:21  |  知らんかったこと  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sana5vegefru.blog36.fc2.com/tb.php/457-e26fef40

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |