06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

8月 細木みはるさん提案

2012.08.16 (Thu)

ポンムスフレ食楽ワインの会

8月の食材提案は松江市のジュニア野菜ソムリエ細木みはるさんです。
参考になさってください。

8月は28日火曜日にワインの会開催予定です






パプリカ
栄養・効能  ビタミンC、E、A、カリウムが豊富。ピーマンと比べてビタミンCは約2倍、カロテンは約7倍もあり、油を使うと吸収力が高まる。

調理法  サラダ、煮込み料理、マリネ、和え物



とうもろこし
栄養・効能  野菜の中では、高カロリーで、糖質、たんぱく質が主成分。
胚芽の部分に、ビタミンE、B1、B2、カリウム、亜鉛、鉄などがつまっているので、包丁を使わずに、手でむしる方がよい。
セルロースが多く、食物繊維が豊富なので、腸をきれいにする効果がある。
収穫後24時間たつと栄養が半減し、味が落ちるので新鮮なうちに食べる方がよい。

調理法 ゆでる、蒸す、焼く。粒をはずして、スープ、炒め物、かき揚げ、グラタンなど。



枝豆
栄養・効能  たんぱく質はもちろん、糖質、脂質、ビタミンB1、B2、カルシウムが豊富に含まれ、大豆にはないビタミンCもたっぷり含まれている。
アルコールの分解を促す働きもある。
葉酸も多く、体の成長促進、貧血の予防などに効果がある。
食物繊維がたっぷり含まれているので、腸をきれいにし、大腸ガンや高血圧、糖尿病など生活習慣病の予防などにも効果がある。

調理法 塩茹で、茹でた豆を取り出して、炒め物、かき揚げ、豆ご飯、スープなど。


 

冬瓜
栄養・効能  95%が水分で、栄養価は低く、低カロリーだが、利尿作用のあるカリウムを比較的多く含んでいるので、むくみの解消や高血圧に効果がある。
体を冷やす働きもある。 
調理法 煮物、吸い物の実やあんかけ、砂糖漬け

 ★食べ合わせ   ・夏バテ気味・・・豚肉と一緒に摂る
  ・むくみ・・・アサリ、昆布と一緒に摂る。
   ・便秘・・・油揚げ入り煮物と一緒に摂る。

 

つるむらさき  
栄養・効能  ほうれん草とはまったくの別種で、栄養価はほうれん草以上。
カロテン、ビタミンC、B2、カリウム、カルシウム、鉄などが豊富に含まれた栄養満点の免疫力を高める夏場のスーパー野菜。

調理法 さっと茹でて、カレー風味や中華風などの濃い味付けで短時間で炒める。



スイカ
栄養・効能 90%以上が水分で、水分補給とともに利尿作用によって老廃物の排出を促し、疲れを癒してくれる。体を冷やす効果もある。
 種子・・リノール酸が豊富に含まれている。フライパンでいってから皮をむいて食べる。
 皮・・・カリウムとシトルリン(アミノ酸の一種)が多く含まれており、高血圧や動脈硬化の予防効果がある。
 果肉・・抗酸化作用のあるカロテンとリコピンが含まれている。

調理法 シャーベット、ジェラート、ゼリー




ペパーミント
栄養・効能 香りの主成分はメントールで、殺菌、口臭予防、消化促進、鎮痛などに効果がある。
ペパーミントに含まれるミントポリフェノールは、花粉症などのアレルギーを抑える効果がある。
 
調理法 生葉やドライリーフのお茶、ゼリー、野菜を使った料理の風味づけに。





スポンサーサイト
11:05  |  メンバー限定記事  |  Trackback(1)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sana5vegefru.blog36.fc2.com/tb.php/653-0717b60b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

管理人の承認後に表示されます
2012/09/12(水) 08:11:32 | 

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。