05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

10月 おすすめ食材

2012.10.20 (Sat)

10月はポンムスフレワインの会はお休みでしたが、浜田市のジュニア野菜ソムリエ・土井眞代さんが美味しそうなレシピを作ってくれていますのでご紹介させていただきます




いちじくアイス & 柿アイス


材 料 :いちじく(蓬莱柿) 柿(西条柿)

作り方 :①いちじくは皮をむきラップで包んで冷凍する。
②西条柿は熟し柿を皮を剥かずラップで包んで冷凍する。
③食べる前にそれぞれ冷凍庫から取り出し、(柿は少し解凍してから皮をむき)
  食べやすい大きさに切る。
④  ㋐ そのまま食べる⇒自然な甘味がとてもおいしい
㋑ 梅シロップをかける⇒上品な味わいになる
㋒ 梅酒をかける⇒リッチな味わいになる
㋓ ブランデーをかける⇒大人の味になる

コメント :✩ いちじくも西条柿も島根県の特産果樹。
  旬の時期は短いので冷凍して長く味わってもらいたい
✩ いちじくは色もきれいでアイスは想像以上に美味しい( ゚v^ )
   出荷のピークは9月末だが、11月上旬頃まで収穫は続く
✩ 熟し柿ならではの甘さと、とろっと感がグッド( ゚v^ )
   今年は軟化果が多いとのことなので熟し柿も手に入れやすいはず。

効 能 :✩ いちじくは、"不老長寿の果物”といわれほど、優等生なくだものです。
  消化促進、整腸作用、活性酸素の抑制、更年期障害にも最高
✩ 柿が色づけば医者が倒れると言われている薬効たっぷりの秋の味覚。
  風邪、二日酔い、便秘、高血圧、脳卒中予防に最高




ぎんなん & 枝豆スッティック


材 料 :ぎんなん………100g
枝豆……………100g
ベーコン………4枚
スライスチーズ………4枚
春巻きの皮………4枚
トマトケチャップ………40g
ブラックペッパー………適量
水溶き片栗粉………適量

作り方 :①ぎんなんは殻からだして実を茹でておく。
  枝豆も茹でて、さやから豆をだしておく。
②ベーコンを1cm幅に切り、スライスチーズは縦に4等分する。
③1/2に切った春巻き皮にケチャップをぬり、ベーコン、チーズをのせた上に
  ぎんなんと枝豆を交互にならべ、ブラックペッパーをかける。
④くるくると巻き、巻き終わりと両端を水溶き片栗粉でとめる。  
⑤オーブントースターで3~5分焼いてできあがり。


コメント :✩ 白大豆の枝豆が多いが10月は丹波など粒の大きな黒大豆も出回る。
☆ イチョウの木は、公園、神社、学校など町のあちこちに植えてあるけど、
  ぎんなんがなるのは雌の木だけなので探してみてね

効 能 :✩ 枝豆は[畑の肉]と呼ばれている大豆を若採りしたもので、すでに大豆の
   8割の栄養はできあがっていているらしい。大豆にはない、ビタミンAやCも
       含む豆と野菜の両方の栄養的特徴を持っている。
☆ ぎんなんは、良質のたんぱく質、ビタミン類も多く含み、滋養強壮、頻尿、
    婦人病、おねしょ、咳止めの効果もあるとされる優れもの。

その他 ★  簡単ぎんなんの殻むき
   殻に軽く割れ目を入れ、茶封筒に10粒程度づつ入れてレンジでチン!
☆ フライパンで焼いたゴボウにぎんなんを加え、オリーブオイル、ゆず果汁、
   塩コショウを混ぜても食べてもおいしい。



長芋サラダ


材 料 :長芋………100g
アボガド………1/2個
ゆず…1個
オリーブオイル…適量
ブロッコリー………150g
塩、コショウ………適量

作り方 :①長芋は皮をむき、サイコロ状に切って さっと酢水につける。
②アボガドもサイコロ状に切る。
③①②を混ぜ合わせ、ゆずのしぼり汁にオリーブオイル、塩、コショウを
 混ぜたドレッシングをかけてできあがり。

コメント :☆ これから、益田のゆずがたくさん出回るので使って下さい。
☆ ゆずの花言葉…“健康美”⇒女性の肌荒れ、冷え症に効果的なので、
  たくさんとって、花言葉のようになりましょう(^_^)   

効 能 :長芋は“長寿の妙薬”として漢方にも使われている。
滋養強壮、消化促進、疲労回復に最高



里芋のピュレのせお粥


材 料 :里芋………3~4個
牛乳(または生クリーム)……40cc
塩コショウ………少々
バター………10g
コンソメ………1個
冷ご飯………1/2膳
人参、ブロッコリーの芯…適量
ミニチンゲンサイ…2個
プチトマト…3個

作り方ピュレ
①里芋は皮ごとゆでて、熱いうちに皮を剥いてすりつぶす。
②①をあついうちに鍋に入れ、塩コショウ、牛乳を加え、練る様に混ぜる。 
③弱火で熱しながらバターを加え、さらに練ればピュレの完成。
お粥
④鍋にコンソメと水を入れ、人参、ブロッコリーの芯を賽の目に切って煮る。
⑤冷ご飯を洗って、④に入れ、煮立ったら細かく刻んだチンゲンサイを入れ
  塩で味を整える。
⑥半分に切ったプチトマトに軽く小麦粉をふって、フライパンでさっと焼く。
⑦お皿に⑤のお粥、⑥の焼きトマトをのせ、③のピュレをかけてできあがり。

コメント :☆ ピュレもお粥も熱々がおいしい。
☆ 里芋はじゃがいもに比べて固いので、牛乳を多めに入れて調整してね。
☆ 焼きトマトの酸味がお粥にこんなに合うことにびっくりしますよ。
☆ ピュレが余ったら、グラタンや、ココット等に使ってね。

★ 以前友達が向井理がでてた“ハングリー”のドラマで食べてたお粥が
   すごく美味しそうだったと言っていたので、ネットで調べてみました。
   残念ながら、詳しいレシピは無かったのですが、こんなものかな?と
   作ってみたら、美味しかったので載せてみました。
   本当は、ジャガイモでしたが、今回は里芋にアレンジしてみました。
  ちなみに私はそのドラマは見たことがありませんので(^_^;)、全く
   間違っていたらごめんなさい。

効 能 :里芋は食物繊維、ミネラル、カリウムが摂れ、コレステロール低下、
免疫力アップで脳細胞も活性化する働きもある優れもの


スポンサーサイト
16:35  |  メンバー限定記事  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sana5vegefru.blog36.fc2.com/tb.php/691-87d14d85

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |