07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

ポンムスフレ食材提案12月

2012.12.10 (Mon)

12月のポンムスフレワインの会は18日(火曜日)です。

今月は斐川のジュニア野菜ソムリエ・伊藤節子さんの提案食材です。


12月の食材

白菜、大根、ネギ、かぼちゃ、水菜、ゆず、キウイ

白菜  
栄養・・ほとんどが水分ですが、比較的カリウムやカルシウムなどのミネラルが豊富です。
    ビタミン類はそれほど多くないですがバランスの良い野菜といえます。

選び方・・しっかりと上が閉じていて、ずっしりと重く外葉がついたままの方が良く、
     カットされているものは断面が平らな物を選びましょう。

調理・・・漬物、鍋、煮物、サラダ




大根 
栄養・・ジアスターゼと言うでんぶん分解酵素が多く含まれており消化を助け、
    胃酸過多、胃もたれ、胸やけなどに効果があります。
    大根の辛みはアリルイソチオシアネートと呼ばれる成分になるもので、
    おろすことで酸素に触れ精製されます。これは、抗ガン作用や抗菌作用があるとされています。
    葉にはビタミンE、カリウム、カルシウムなどを多く含みます。

選び方・・色が白く、触った時に硬く張りがありみずみずしい物、
     葉がついている場合は葉がいきいきとしゃっきっとしているものを選びましょう。
     また、持った時にずっしりと重い物を選びましょう。

調理・・上の方は辛みが少なく硬めなのでサラダや炒め物に、
    真ん中の方はみずみずしく柔らかく甘みもあるので、おでんなど煮物に。
    下の方は辛みが強いのでおろしたりすると良いでしょう。  
    葉は、炒め物や細かく刻んでチャーハンやみそ汁の具にすると良いでしょう。



ねぎ 
栄養・・白ネギは淡白食野菜、青ネギは緑黄色野菜にあたります。
    葉ネギは非常にたくさんのカロチンが含まれてます。
    一般的にネギには疲労回復、冷え性に効果があると言われています。

選び方・・白ネギは白い部分が締まっていて弾力があり、重みを感じる物を選びましょう。
     青ネギは葉先までピンととんがって鮮やかなグリーンのものを選びましょう。

調理・・白ネギは炒め物やなべ物に、青ネギは切って薬味にしたり茹でてぬたやあえ物にします。



 
かぼちゃ   
栄養・・緑黄色野菜でカロチン、ビタミンB群を多く含んでいます。特に西洋かぼちゃにはビタミンCも豊富な上、
    カロチンはホウレンソウに匹敵するほど多く含まれています。

選び方・・皮の表面に艶のあるもの、軸が太く切り口が良く乾燥して
     コルク状になっているもの、その軸の周りがへこんでいるものを選びます。
     形は左右対称に丸くなっているもので、手に持ったときずっしり重いもので
     皮が硬くつめを立ててもへこまないような物を選びます。

調理・・日本かぼちゃはねっとりとした肉質をいかし、煮物にするとおいしいです。
    西洋かぼちゃは炒め物、蒸し物、煮物、ポタージュ、揚げ物、スイーツに。
 



水菜
栄養・・ビタミンCが多く、風邪の予防、疲労回復、肌荒れに効果があります。
    B-カロチン、カリウム、カルシウム、マグネシウムや鉄、リンなどのミネラルも豊富です。

選び方・・緑色が鮮やかで色が濃い物を選びましょう。
     古くなると黄色みを帯びてくるので気をつけましょう。

調理・・サラダや漬物、お浸し、鍋、煮物や炒め物もおいしいです。




ゆず   
栄養・・ビタミンCを多く含んでいます。皮の方がビタミンCは果汁の4倍近く多く含まれています。
    マーマレードにはペクチンがたっぷりです。

選び方・・傷がなく実に張りがあり、ブヨブヨしてないものを選びましょう。
     ヘタの部分を見て切り口が新しく茶色になっていないかを確認します。

調理・・果皮を刻み料理の風味付けに、しぼってポン酢にしたり、ジュース、マーマレード、シロップなど。




キウイ  
栄養・・ビタミンC、カリウムを多く含みます。豊富な食物繊維、
    ビタミンE、アクチニジンというたんぱく質分解酵素を含みます。

選び方・・表面がきれいで、傷や傷みが無いもの、部分的に柔らかくなっていないもの、
     すぐに食べたい場合は少し押してみてへこむくらいの弾力のあるものを選びます。
     早く追熟させるにはバナナやリンゴなどエチレンガスを出す果物と一緒に袋に入れておきましょう。

調理・・生のままでケーキのトッピングにしたり、ヨーグルトなどと一緒に食べたりスムージーにもできます。
    ミキサーにかけてピューレ状にしてシャーベットやソースにも使えます。



スポンサーサイト
17:41  |  メンバー限定記事  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://sana5vegefru.blog36.fc2.com/tb.php/701-b12737c0

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。